adhd 遺伝 確率

adhdの遺伝の確率とその対策

スポンサーリンク

社会で生活がしにくいと言われているadhdですが、常識的な行動や言動ができないことから、仕事や周りと上手くいかないことに苦しむ人が多いです。
このような症状を持っている人は昔からいましたが、当時は障害ということさえ分かっていなかったので、本人の性格の問題として扱われてきました。
しかし、医学の進歩でadhdという生まれつきの脳の障害ということが分かり、治療やその教育が積極的に行われるようになったのです。
しかし、このような脳の障害は神経伝達物質の異常とされていますが、たまたまそうなったのではなく、遺伝も関係していることが明らかとなっています。
その確率は、少なくても片方の親の場合は10%から、そして両方の親がそうである場合は20%からと言われており、人によって確立の高さは違ってきます。
今の研究の段階では、このadhdと遺伝は全く関係ないとは言いきれませんが、それで生まれてきた子供が親と同じような症状を持っているとも言いきれません。
つまり、原因は遺伝だけでなく、育ってきた環境も何らかの影響を少なからず受けていると見られているのです。

スポンサーリンク

例えば、親がadhdだった場合に、その行動や言動が一緒に生活している子供に影響してしまう可能性も考えられます。
また、幼児期の基礎的な教育を親が充分に行わなかったために、常識が理解できずに育ってしまう場合もあるのです。
たとえ遺伝の確率が高かったとしても、幼児期に専門教育をしっかりと受けさせることで症状を抑えていくことは可能です。
幼児期は、人間の根本的な価値観や習慣が確立される大事な時期というのが分かっているので、その時期に教育を受けることで、今後の社会生活に困らなくなるメリットが充分にあります。
大人になってからも治療を受けていくことは可能で、まずは気になる症状があれば専門機関に相談するようにしましょう。
また、親子間で遺伝の可能性があったとしても、必ずしも100%受け継がれる訳ではありません。
まずはその可能性を意識して、子供を注意深く観察していき、教育に自信がなければ専門の教育機関に頼ってみるのもいい方法です。
第3者が行うプロの教育なので、偏った価値観はなく、安心して一緒に取り組んでいくことができます。
adhdは障害だからと諦めることなく、また、可能性があったとしても誰もが発症する訳でもないので、前向きに考えていくようにしましょう。

スポンサーリンク