adhd 2歳 特徴

adhdの2歳頃から見られる特徴とは

スポンサーリンク

adhdとは、脳の神経伝達物質が正常に分泌されていないために起こる症状のことです。
これは先天性の病気なので、本人やその周りの人たちが原因ではありません。
この症状の特徴として、注意力が欠けているので忘れ物や遅刻が多かったりします。
そして、整理整頓が苦手で仕事にもミスが多かったりします。
比較的この症状は女性に多く見られますが、もともと性格的に目立たない人は気づかれない場合もあります。
それに加えて、落ち着きがなく授業中や仕事中に動き回ったり、よく喋るというのも特徴に挙げられます。
これは男性に多い症状で、時に暴れ出したりすることもあるので問題児として扱われてしまうこともあるのです。
この不注意のみの症状や、落ち着きがない多動性の症状のどちらか、または同時に持ち合わせている人はadhdの可能性が高いです。
これらは発達障害として診断されるようになり、幼少から治療を受けていくことが可能となりました。
特に多動性は、2歳ごろから症状が目立ち始めるので、早いうちから専門家に相談してみることが大切です。

スポンサーリンク

adhdの人は、社会人になってからその症状に困ることが多々出てきます。
仕事が上手くできずに転職を繰り返したり、人間関係で悩む人も少なくありません。
しかし、大人でも治療が可能ですが、幼少期の早い時期から気づいていれば、周りも意識して接していくことができるのである意味楽になってくるでしょう。
2歳頃から出始める多動性は、何度注意しても言うことを聞かなかったり、じっと座っていられないなどが特徴です。
2歳だから仕方がないと思われがちですが、確かにこの時期は自我が芽生えてくる頃なので、親に反抗することが頻繁に出てきます。
しかし、このような症状が異常に目立つのであれば、注意しなければいけません。
心配し過ぎるのはよくないことですが、異常に慣れれば当たり前となってきて、保育所や幼稚園での団体行動がさらに難しくなっていきます。
気になるようであれば、自治体が行う育児支援などに連絡して専門家を紹介してもらうのもいいでしょう。
こういった専門家は幼児教育や医療のプロなので、2歳からでもその特徴をしっかり見極めて診断してくれます。
万が一adhdの可能性があると診断されたのならば、専門の施設で教育を受けていくようになります。
そこで正常な行動や価値観が身に付くようになり、小学校に上がる前に症状も落ち着くようになるでしょう。
子供の将来を考えるのなら、見逃せない病気なのです。

スポンサーリンク