アスペルガー 思春期 暴力

アスペルガーの思春期の子が暴力を振るう時には?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは、脳に障害を持って生まれてきた人のことを言います。
自分ではどうしようもない言動に悩む苦しむこともあります。
特徴としては、落ち着かないのでソワソワしたり、同じ場所にいられない、集中すると周りが見えない、自分のことを夢中で話す、人の話は聞かないなどがあり人間関係が上手にできなくて孤立することもあります。
集団生活が苦手なので学校では浮いた存在となり、いじめの対象になることも少なくありません。
そのストレスが家に向けられ家の中で暴れて暴力を振るうこともあります。
アスペルガー症候群の人は、無意識のうちに暴力を振るったりするので暴力を振るった後でとても後悔することもあります。
後悔してもまた暴力を振るってしまうのです。
その行動に嫌気がさして自分を傷つけることもあります。
特に思春期のアスペルガー症候群の子供は暴力が親に向けられることが多いです。
思春期になると特に感受性も激しくなり注意をしなければなりません。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の思春期の子供を持つ親が考えなければならないことは、暴力を振るわれないように対処方法を考えることです。
また、思春期の子供に対する対応も対処方法として考える必要があります。
アスペルガー症候群の子供が学校で受けるストレスを解消することが必要です。
対処方法としては、思春期ならではの悩みを聞いてあげることも良いでしょう。
相談されやすい環境作りをしてみましょう。
アスペルガー症候群の人の心が和むことを見つけましょう。
例えば、好きなことがあるならそれを制限なくさせる、気持ちをリラックスできるように脳に柔らかな刺激を与える、美味しい食事を用意するなどの対処方法があります。
また、対処方法に悩む親は、専門の医療機関からアドバイスを受けることも良いでしょう。
思春期ならではの対処方法があるはずです。
その時期を過ぎると落ち着いてきます。
本人も暴力を振るいたくて振るっているのではないということと深く反省して苦しんでいることを理解することが必要です。

スポンサーリンク