アスペルガー症候群 暴力性 対応

暴力性があるアスペルガー症候群への対応方法

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは、発達障害の中でも代表的な自閉症の一種です。
アスペルガー症候群は他の発達障害同様、先天性の脳機能障害です。
他人との関わりが困難であったり、想像力が欠如したりしています。
通常の社会生活を営むことが出来るようにするためには、それなりの治療や訓練が必要です。
しかし根本的な治療方法は見つかっておらず、個人個人に適した対応が求められます。
アスペルガー症候群の子供の場合には暴力性や慢性的な苛立ちなどの症状がよく見られます。
これは自分の伝えたいことを満足に伝えることが出来ないのが原因です。
ですからその子供が何を言おうとしているのかを正確に捉えるため、上手に対応する必要があります。
注意しなければならないことは、言動に明確な答えを決めつけないことです。
決まった答えに誘導したりせずに、臨機応変に対応することが大切です。
家族を中心とした周囲の人々が優しく見守る姿勢を持つことで、暴力性を治めるようにしましょう。

スポンサーリンク

暴力性を伴うアスペルガー症候群は、通称「暴力アスペ」と呼ばれます。
このような特徴を持つタイプはアスペルガー症候群の中でも5%ほどで、決して多いとは言えません。
幼児期に言語の遅れはなく、正常もしくはそれ以上の知能を持っているという共通点があります。
暴力性が見られるアスペルガー症候群の場合には、他のアスペルガー症候群のように単に相手の気持ちやその場の空気が読めないだけではなく、主に3つの特徴が見られます。
まず1つ目はリアルな戦闘シーンがあるゲームが好きなことです。
何らかのストレスを感じるとゲームの世界へと没入し、暴力性が現れます。
これは現実とファンタジーの区別がついていない証拠です。
このような場合にはストレスが暴力性に直結するという構図を崩すための個別カウンセリングを行ったり、暴力的なゲームに触れさせないようにしたり、薬物療法をするなどの対応が有効です。
2つ目は対人関係における過敏性です。
集団の場でほんの肩が触れた程度のことで、パニックに陥り暴力性を発揮します。
このような場合には薬物療法にプラスして環境を整えるという対応を採る必要があります。
3つ目は相手の心理をある程度読めるくらいに成長した段階での対応です。
小学校高学年にもなると、周囲からの被害妄想や迫害妄想を抱くようになり、それが暴力性に繋がります。
このような場合には被害的な観念に走らせないようにすることが重要です。

スポンサーリンク