アスペルガー お金 執着 原因

アスペルガー症候群のお金に執着する原因は?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は知的障害もなく会話もできます。
しかし、社会性やコミュニケーション能力に於いて障害が認められる発達障害です。
アスペルガー症候群は女性よりも男性に多い障害と言われています。
この障害は、生まれた環境や教育などが原因で起きる障害ではなく、先天的な脳の障害が原因とされていますが、明快な原因はまだ解明されていない状態です。
アスペルガー症候群は会話もできて知的障害も無いのにも拘らず、自分の気持ちを人に伝えられない、相手の気持ちや考えを察することができない、物事に拘ったり執着するなどの症状があります。
したがって他人から見ると、少し変わった人の様に思われる事があります。
特に社会的ルールが必要となる職場などでは、コミュニケーション能力の障害が原因で、対人関係を上手く築く事が出来なくなります。
相手の言葉や表情などから気持ちを察する事が出来ず、時には相手を傷つける様なこともはっきりと言ってしまう事もあります。
また皆が共感する喜びや悲しみにも共感できないので、「自己中心的で空気が読めない人」などと誤解されやすいのもこの障害の特徴です。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の方は、特定の興味のあるものに対して、異常なまでに執着する特徴があります。
反対に興味がないものに対しては見向きもしませんが、興味のあるものに対しては、その大量な情報量を記憶してしまう能力もあります。
特に規則性のある行動には執着する傾向があります。
通勤通学などの道は必ず決まった時間に同じ道を通り、そのルールを変える事を嫌います。
また、アスペルガーの人はお金に対しても拘りや執着が強いと言われます。
お金に関しては、「お金は大切なものなので、自分の為にも知人や家族の為にも絶対に使わない。」と言うパターンと、「お金には無頓着で、持ってるお金はすぐに欲しいものを買って浪費してしまう。」のどちらかのパターンに分かれます。
このお金に執着する二つのパターンはアスペルガーに関係なく誰にでもある事です。
しかし、どちらにしても執着しすぎる事は生活上問題であり、家族や職場から心配や不満が出る事もあります。
アスペルガー症候群が原因でお金を浪費するような場合には、強く注意しても注意される原因が解らないので、できるだけ刺激しないように本人に話し、家族でお金の管理をする事も大切になります。

スポンサーリンク