アスペルガー 仕事が遅い 対処方法

アスペルガーの人の仕事が遅い時の対処方法

スポンサーリンク

アスペルガー症候群は、発達障害の一つであり、周囲とのコミュニケーションが上手くとれない、自分なりのこだわりが強い、効率が悪く不器用という症状が見られることがあります。
アスペルガー症候群は、先天的な発達障害であるため、治るという事はありません。
また、アスペルガー症候群においては知能低下が見られるということはありませんので、自身の特性を理解することで、仕事に適応することは可能です。
ただし、注意をしなければならないこともあります。
まず、アスペルガー症候群の人のこだわりが強いという事は良い面もあれば、こだわりが強いことで予期せぬ事態に対する対応が苦手、複数の作業を同時に行うことが苦手なために、周囲の人に比べて仕事が遅いという判断をされがちです。
また、曖昧な指示が苦手ですので、そのような指示を受けた時に仕事が遅いとなることもありますし、トラブルに発展する可能性も少なくはありません。
アスペルガー症候群の人の仕事が遅いことに対して対処方法はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、アスペルガー症候群の人の仕事が遅いのには理由があるという事を周囲の人は理解するべきでしょう。
その原因が分かれば、自ずと対処方法も分かってきます。
例えば、曖昧な指示を理解することが出来ないことが、仕事が遅い原因となっている場合の対処方法としては、出来るだけ具体的な指示を出すという対処方法によって、仕事をスムーズに進めることが出来る様になるでしょう。
また、アスペルガー症候群の特性として、とっさの出来事に対する対応が苦手という事があります。
予定変更がある場合には、そのことを出来るだけ早めに伝えるようにする対処方法も、仕事をスムーズに進めるために大切になります。
仕事が遅いにも関わらず、一つの方法にこだわるという場合の対処方法としては、自己流にこだわっているということに本人が気が付いていない場合が多いので、そのような場合には、効率の良いやり方を具体的に指示するようにしましょう。
この時は強制するのではなく、あくまでもアドバイスをするというスタンスで行うことが大切です。

スポンサーリンク