アスペルガー 積極奇異型 幼児 特徴

アスペルガー症候群〜積極奇異型の幼児期の特徴

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の中でも積極奇異型の幼児には特徴があります。
おもに対人関係を不得意とします。
非常に愛に溢れており、人との距離が近くなってしまいます。
空気を読むことを苦手とするので、大きな声で話しかけてしまったり、相手に近づきすぎてしまうのです。
本人は相手が好きなのでそうした行動をとりますが、相手にはお付き合いを引かれてしまうこともあります。
幼児から大人へと成長していくにあたり、人との距離の取り方を学習させる必要があります。
対人スキルの基本である、「パーソナルスペース45センチ以内に近づかない」、「遠距離より話しかける時は2メートルまで近づいてから」を参考にすると良いでしょう。
また、積極奇異型は力の加減ができず、乱暴な印象を与えてしまうことがあります。
そのため、本人は軽いボディタッチのつもりでも相手は「叩かれた」と勘違いされかねません。
力の加減や、ボディタッチをして良い人、ダメな人の見極めができるように周囲がサポートしていくことが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の積極奇異型の特徴には良いこともあります。
アスペルガー積極奇異型の特徴はとても人懐っこいので、とくに幼児期は人見知りもほとんどなく、周囲に親しみを持ってもらえます。
積極奇異型の幼児は誰にでもどんどん話しかけていくのでお友達もたくさんでき、保育園の先生などにも可愛がってもらえるでしょう。
アスペルガー積極奇異型の幼児は好きな人にはボディタッチなどで愛情を素直に伝える特徴があります。
大きな声で人を呼んだり、馴れ馴れしく人との距離が近いのも、アスペルガー積極奇異型の愛情溢れるゆえの行動特徴なのです。
幼児から成長し大人に成長しても、いつもニコニコと誰にでも話しかける姿は上司にも好印象であります。
気に入らないことがあって不機嫌になることもありますが、その気分が長く続くことはないので、翌日にはケロっとしています。
その特徴に周囲の人は拍子抜けしてしまうほど気分転換が得意です。
相手の表情を読まずに話しかけてしまうことも、しばしばありますのでそこは注意が必要です。
アスペルガー積極奇異型の対人関係に積極的な良い面を伸ばしつつ、他人との距離の取り方を、成長につれて学習できるようにしていくことが望ましいです。

スポンサーリンク