アスペルガー 息子 嫌い 対処方法

アスペルガーの息子が嫌いな時の対処方法

スポンサーリンク

アスペルガーの息子が嫌いな時の対処方法として、まずはいい部分を無理やりにでも見るようにすることが大切です。
アスペルガーだから嫌いだという親は一定多数いますが、それは息子のことをよく見ていないことが理由に挙げられます。
嫌な部分をピックアップで見てしまうと、嫌いだという感情が爆発してしまいます。
そんな時の対処方法として、まずは好きな部分を増やすことが何よりの対処方法です。
食事を食べるのが綺麗。
早寝早起きをきちんとする。
挨拶をハキハキとする。
など、小さなことから息子の行動に目をかけていると、自然に好きという気持ちが溢れます。
アスペルガーだから、他の人と違うからではなく、その子にしか見出せない知識や愛情を見つけることでうんと息子を大切にすることができます。
アスペルガーの子供は一人では決して生きていけないという訳ではないので、大人になると自然と旅立つようになります。
それまでにどのくらい愛情をあげられるのかが、時間との勝負になります。

スポンサーリンク

アスペルガーに産んでしまった自分が憎いと感じてしまったり、他の人と違うように産んでしまったことを悔やむ必要はありません。
十人十色という言葉があるように息子もいい面もあれば、悪い面も必ず持っています。
悪い面だけを見て嫌いになるのではなく、一緒に生活を共にしていい部分を積極的に見つけることが最も良い対処方法です。
いい部分をどうしても見つけられなかったら、他の友達から探してもらうなど一工夫を加えることが大切です。
アスペルガーの人も健常者と同じように電車に乗ったり仕事をすることができます。
息子を嫌いになる前に対処方法を巡らせることで、親子の絆がさらに深まります。
アスペルガーの息子を健常者同様に偏見なしで接することで、それに応えるかのように真面目でいてくれます。
嫌いになる前に対処方法を巡らせることで、より良い親子関係を築きあげることに成功し、明るい未来が待っています。
たくさんの人と関わらせることも何よりも大切な方法です。

スポンサーリンク