adhd 仕事 クビ

adhdで仕事をクビになる可能性

スポンサーリンク

adhdのせいでで仕事をクビになるっていうことが本当にあるのでしょうか。
残念ながらadhdの特有の症状によってクビになるか、もしくはクビにはならないものの、部署を移動させられるという可能性はあります。
というのも、よく間違われるのはadhdは子供特有の障害だと思われている節はありますが、実は大人になっても多かれ少なかれadhd特有の症状に悩まされている人は意外に多いのです。
仕事に支障が出る症状の一番目は、気が散りやすいという特徴があります。
一つの作業を行っているときに、違う仕事が舞い込んできた場合などにそちらの方に気を取られてしまって、最初の作業を忘れてしまうことがよくあります。
それで締切に間に合わなかったり、思い出してあわててやったために乱雑な出来上がりになってしまうということで会社から見切りをつけられてしまうなど、自分に不利な状況においやられることがあります。
2番目は、忘れっぽさがあります。
言いつけられた仕事をつい忘れてしまったり、ものを置き忘れたり、大事な書類をなくしてしまったりすると大事ですね。

スポンサーリンク

3番目は、意味もなくそわそわして仕事に集中できなくなってしまうことがあります。
大事な会議中に貧乏ゆすりをしたり、ペンをくるくるまわしたり、そんな落ち着きのないそぶりを周りの人は怪訝に思うことがある顔しれません。
また、急な思い付きで他人の発言中に関係のない発言を行って、ひんしゅくを買うのもこの障害のよくある特徴の一つとして挙げられます。
4番目は、一番困った症状なのですが、ケアレスミスが多いという点があります。
書類を作成するのに何度も何度も同じミスを繰り返す、一度直されたミスを相変わらず何度も行ってしまうなどです。
ちょっと注意すればできることがなかなか直らないのも会社から見るとあまり雇い続けたくない社員かもしれませんね。
しかし会社としても一度雇い入れた社員を、adhdのせいでクビにすることはなかなかできないものです。
そこで、会社の重要なポストから外される、閑職に追いやられるなどの措置を取られたうえで会社に居づらくなり、自主退職を余儀なくされる状況に迫られる可能性は大いにあり得ます。

スポンサーリンク