3歳 発達障害 集団行動 苦手

3歳児の発達障害で集団行動が苦手な場合には?

スポンサーリンク

発達障害は、大きく3種類の症状に分けることができます。
広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)に分けられます。
子供の場合は、発達には大きな個人差があります。
3歳までは、発達障害なのかゆっくり成長しているだけなのか、わからない場合もあります。
3歳くらいまで成長すると、少し判断がつきやすくなります。
例えば、じっとしてられない、集中力が続かない、こだわりが強い、パニックになる、などの特徴がでてきます。
3歳くらいになると、保育園や幼稚園など、集団行動をしなければならないシーンが出てきます。
しかし、話を聞くのが苦手だったり、衝動性が強かったりすると、順番が待てない、静かにできない、ということになります。
本人も頑張って話を合わせようとしたり、理解しようと努力はしますが、やはり話に食い違いが出てきて人間関係を築くのが難しくなる場合があります。
人間関係に疲れてしまって、ますます集団行動が苦手になってしまうことも多いのです。

スポンサーリンク

では、どうしたら楽に生活していくことができるのでしょうか。
3歳頃になって、どうにも集団行動が苦手なようなら、専門的な指導を受けると良いでしょう。
自分の子供が発達障害だと、なかなか認められないこともありますが、子供が生きやすくなるためには大切なことです。
発達障害の症状は、個人個人によって全く違うので、親は子供が何が得意で何が苦手なのか、はっきりと把握する必要があります。
3歳頃になると、健診で指導を受けることもあり、相談に乗ってもらえる場合もあります。
全ての種類の発達障害に於いて、集団行動が苦手な場合は多いのですが、ADHDの場合は、成長と共に落ち着いてくる場合もあります。
小学生高学年頃になると、周囲に適応することができ、集団行動もできるようになってきます。
3歳頃の小さい内から集団行動で、ルールやマナーを学ぶことも大切です。
ADHDは衝動性も強いので、気分をコントロールしやすくなるような声掛けなどを、繰り返し教えて身に付けるのも良い方法です。
苦手なことも療育で、克服できる可能性が高まります。

スポンサーリンク