3歳 4歳 集団行動できない 原因

3歳、4歳児が集団行動できない原因

スポンサーリンク

3歳と4歳の子供が集団行動できない原因として、性格の問題もあります。
子供はどちらかというと社交的な子供が多く、みんなの中に打ち解けてしまうのも早いです。
ですが、反対に苦手な子もいるので配慮してあげないといけません。
3歳、4歳の子供が集団行動できない原因として、性格の問題と親の遺伝もあります。
親がどちらかというとたくさん人がいる中で何かするのは苦手だと言うと、子供にも影響してしまいます。
容姿だけではなく、性格の遺伝も認められます。
3歳、4歳の子供はナイーブな子供も多いので、集団行動できない子がいてもおかしくありません。
ですが、まれには集団行動できない原因として、アスペルガーなどの障害を患ってあることもあるので、もしも気にかかるようであれば医者に連れて行って診断してもらうのが適切です。
見ただけではわからないことも多いので、誰かに宣告されたりすることで初めて理解することがあります。
集団行動できないからといって嘆く必要はありません。

スポンサーリンク

3歳4歳の子は、とにかく何でも真似をします。
母親、父親、兄、姉、そして周りの友達の仕草などもよく見ています。
人となりがあってもソリの合わない子も中にはいます。
その子が原因となって集団行動できないということもあります。
行き過ぎてしまうといじめとなってしまうので、保護者側が心のケアを務めたり何故集団行動できないのか原因を探ることが解決の一歩です。
苦手を通り越してできない場合、脳に障害がある可能性が大となっています。
いきなり何も知らないところにポッと放り出されたら集団行動したくてもできない原因でもあったりします。
3歳、4歳の子供の気持ちも考え、原因を理解することで、だんだんと集団行動を慎むことが可能です。
3歳、4歳の子供は、子供に見えるようですが、ちゃんと考えていたり、自分の気持ちを表すことができます。
そんな気持ちを保護者側がしっかり聞いて、ケアしてあげることが解決につながる一歩となって導かれてくれます。

スポンサーリンク