年少 発達障害 集団行動 苦手

発達障害の幼稚園年少児は集団行動が苦手な場合も?

スポンサーリンク

発達障害という言葉は最近よく聞かれることがあります。
一昔前では、一クラスに数人の落ち着きがない子供や、コミュニケーションが取りにくく集団行動が苦手な子供がいましたが、その子供の個性や性質ととらえられたり、親のしつけや教育に問題があるとされており、病気であるという認識はなかなかされていませんでした。
しかし、研究が進むにつれ、ADHDやアスペルガー症候群などの原因は脳の障害にあると言うことがわかってきました。
不景気により母親も仕事をすることが多くなり、保育園や幼稚園は年少などの幼児期から入れることが多くなりました。
集団行動が苦手という子供を見つけるには、親だけでなく教育者や保育士、そして同じ年少くらいの子供の中で発見があります。
年少保育に入れたことで初めて子供が発達障害かもしれないと気づく親もおり、集団行動が苦手なことやコミュニケーションがうまく取れないという年少児を見つけやすくなりました。

スポンサーリンク

発達障害もさまざまな症状があり、落ち着きがなかったり、忘れ物をよくする・衝動的に行動する・多動的な動きがあり、自分で気持ちを抑えることが出来ない・集中力がないという症状は主にADHDであると考えられます。
また、こだわりが強い・他人とのコミュニケーションがうまくとることができない・集団行動が苦手であったりする場合はアスペルガー症候群などが考えられます。
発達障害の症状を持つ子供は、今までは親のしつけが悪いとされていましたが、脳の機能障害で起こるため、親のしつけや教育・愛情の不足ではないことがはっきりとわかっています。
年少保育などで発達障害が疑われた場合、まずは市町村の保健センターや児童相談所に相談してみましょう。
そういった場所でも発達障害かどうかの簡単なテストを行うことができます。
発達外来などを受診すると診断名がつきます。
年少児童などで集団行動ができない、集団行動が苦手で感情を表すことが出きないといった症状が見受けられたら、早いうちに療育施設などで訓練を行う事が大切です。
早期に訓練することで苦手な部分を伸ばし、小学校への入学がスムーズに行くようにサポートすることができます。

スポンサーリンク