子供 集団行動できない 対処法

集団行動できない子供の対処法とは

スポンサーリンク

近年、発達障害という言葉をよく耳にするようになりました。
少し前まで学校や幼稚園では、クラスの中に何人かの落ち着きのない子供や集団行動できないというタイプがいましたが、今まではその子の性格や親の教育やしつけの問題というもので片づけられていました。
しかし、発達障害という病気がクローズアップされ、集団行動できない子供や対人関係におけるコミュニケーションがうまくいかないなどという子供は、自閉症やアスペルガー症候群・ADHDといった発達障害であることがわかり、学校や幼稚園などといった教育現場でも認知が広まっています。
集団行動できない子供は幼稚園という初めて親元から離れ同じ年頃の子供と交わることで発達障害かもしれないという気づきをする親もいます。
集団行動できない対処法を教員や親などが協力して考え、周りの子供と同じ行動ができるよう対処法を考える必要があります。
その現場での対処法だけではなく、一貫した教育の中での対処法もあります。

スポンサーリンク

集団行動できない児童の場合、幼児期にそれがわかれば早いうちから対処法を考え、その児童にあった対処法がわかります。
まずは集団行動できない理由が、個性や年齢が幼いためのものなのか、それとも発達障害といった脳の機能障害であるのかを見極める必要があります。
教員や保育士・親が注意深く観察し、相談して、発達障害の恐れありと判断した場合は、発達外来などを受診して診断を受けることが大切です。
診断を受けることでその児童にあった対処法や指導ができます。
幼児期といった早い段階で見つけることができれば、早いうちからの指導や教育で小学校入学時に児童や親が困ることが少なく、担任にもその子供の発達障害や特徴についての説明をすることで、教員や周りの児童からの理解もスムーズに進み、クラスにとけこみやすくなります。
児童相談所や市町村の保健センターなどに相談し、親や教育者がグレーゾーンであると気づいたら早めに対処をしてあげることがとても重要です。

スポンサーリンク