極度の人見知り 障害 原因

極度の人見知りと障害の原因

スポンサーリンク

人見知りという言葉を耳にすることがありますが、これは生後5ヶ月から6ヶ月頃から始まると考えられています。
このときに全く人見知りをしないという場合には、注意をしなければいけません。
人見知りをしないからといって、必ずしも発達障害ではないかと悩む必要はありません。
何らかの障害の可能性はあると考えておくようにします。
なぜこのように考えるかの原因に関しては、母親と他の人を比べて、人見知りをするというようになっているからです。
人見知りをしないということは、このように他の人との区別をすることができないということが原因と考えられているので、発達障害との関連性が全くないと言うことではありません。
また逆に極度の人見知りをするということがあります。
極度の人見知りをする場合には、発達障害ではないと言い切ることはできませんが、その可能性は低いと考えられています。
発達障害の子供が人見知りをしないという場合には、知らない人にまで声をかけます。

スポンサーリンク

極度の人見知りをするということがありますが、このときにはいくつかの原因が考えられています。
極度の人見知りがあるということは、相手に対して怖がっていると判断することができます。
このようなときには無理に治そうとしないことが大切です。
あまりにも極度の人見知りをする場合でも、母親がいつもそばにいてあげるようにします。
極度の人見知りがあるという場合でも、発達障害が原因となっていなければ、成長と共に治っていくようになっています。
生まれたときからたくさんの人がいるという環境で育った場合には、人見知りをしないこともあります。
これはコミュニケーション力が高いと言うことが原因です。
2歳や3歳になってから人見知りをするかどうかに関しては、発達障害の判断基準にはなりません。
母親は最初に出会う他者と言うことになるので、これが認識できないと何か原因が考えられます。
原因をしっかりと特定するために、医師に相談をすることも大切です。

スポンサーリンク