極度の人見知り 発達障害 対処法

発達障害と極度の人見知りの関係と対処法

スポンサーリンク

発達障害とは、脳の機能に障害を持って生まれてきた人のことを言います。
発達障害と言ってもアスペルガー症候群、自閉症など数種類あります。
子供の頃に発達障害と診断された方は対処法もありますし、周囲の方に理解されやすいです。
また、家族も対処法で対応することができます。
しかし、大人になってから発達障害と診断される方も近年では増えてきています。
学業では優秀で努力をすることができるので周囲の方に気づかれないまま大人になるケースです。
すると社会に出て働き始めると仕事仲間での集団行動が困難であったり、ミスを繰り返したり、段取りが悪くて仕事が遅れたり、極度の人見知りで仕事先とコミュニケーションが取れなかったりして悩むことも少なくありません。
また、大人になってからは、性格の問題、育てられ方が悪かった、自分中心、自分勝手などとマイナスなイメージを持たれてしまいます。
本人も気づいていないので周囲の方に理解してもらうことが難しいです。

スポンサーリンク

発達障害と極度の人見知りの方は共通する点があります。
極度の人見知りが理由で人とのコミュニケーションが取れにくいです。
また、極度の人見知りが顔や態度に出て敬遠されがちになります。
なんだかおかしな人と思われてしまいます。
または、気が短い方や人のことを理解できない方は避けられるかもしれません。
しかし、対処法はあります。
発達障害や極度の人見知りの方の対処法は、周囲の様子を観察したり、聞いたりすると良いかもしれません。
対処法として悩んで苦しい思いをするなら聞いてみるとはっきりすることもあります。
すると周囲の方も悩んでいることが理解できます。
極度の人見知りでも勇気を出してみましょう。
周囲の方と一緒に対処法が見つかることもあります。
発達障害でも極度の人見知りでも同じ人間です。
心の状況を話すことで必ず理解してもらえるので話してみましょう。
どうしても相談することができない方は、専門の医療機関を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク