発達障害 グレーゾーン 就職

グレーゾーンの発達障害の人が就職に及ぼす影響

スポンサーリンク

同じ発達障害でも症状が重たいものからグレーゾーンと診断される人まで様々います。
基本的に発達障害というのは就職することが困難だとイメージされていますが、グレーゾーンの発達障害の方の場合は就職にどの程度影響があるのか知りたいと思う人は当事者であれ家族であれたくさんいます。
グレーゾーンというのは発達障害だとしても、健常者扱いをされる状態のことを指します。
そのグレーゾーンだと判断されるのは、症状によってまちまちですが、多くのグレーゾーンの人が発達障害だとは思われないため、少し発達障害の症状が出ただけで普通じゃないと思われてしまい、周りに理解を得るには難しいかもしれません。
特に就職の場合は皆が皆、理解してくれるわけではありませんし、グレーゾーンのような症状があまりない人であればより一層理解してもらうことは難しく、就職先によってはストレスを溜めてしまって仕事を続けることが困難だと感じてしまうこともあります。

スポンサーリンク

転職をすることも可能ですが、就職先で辛いことがあるとすぐに辞めてしまうということを繰り返していたら、転職の回数が増えていくだけなので、次第に就職することも困難になっていきます。
そのため、ある程度気持ちを譲歩する必要があります。
自分がしたい仕事ではなくて、自分でも継続できる仕事を理解していくことによって仕事を探しやすくなりますし、継続することも比較的難しくなくなります。
自分でもできる仕事というのは自分に向いている仕事と同じことなので、仕事に対してのストレスが軽減されてうつ病などを併発しなくなります。
無理矢理他人に合わせるというのは誰もがストレスを溜めてしまう理由になります。
自分の体を第一に考える必要があるので、働くことによってうつ病や統合失調症などを発症しないように注意することが重要です。
自分に合わない仕事をして無理に心を酷使してしまわないように細心の注意を払いつつ、自分にできそうな仕事から始めてください。

スポンサーリンク