adhd 5歳 症状

adhdの症状と5歳未満までの診断

スポンサーリンク

adhdは注意欠陥多動性障害の略称で、発達障害のことです。
不注意、多動性、衝動性という3つの症状が特徴となっています。
不注意とは注意力や集中力が散漫で、不注意な間違いを起こしたり物事の集中できなかったりします。
多動性は落ち着きがなく、座るべき時におとなしく座っていることができません。
衝動性は、考えるよりも先に思いついたままに行動してしまいます。
この症状は学業に支障をきたすことがありますが、知能的な遅れがあるわけではありません。
感情や行動のコントロールが難しいだけなのです。
本来は子どもに多く見られ、5歳児の小学校入学前に心配される親御さんが多いようです。
しかし、子どもだけでなく大人になってもadhdと診断されることもあるようです。
社会生活に適応できずに苦しむ例も少なくありません。
adhdと診断するには専門医の診断が必要です。
子どもなら小児科や児童精神科、大人であれば心療内科や精神科などの専門医で診断・治療を受けることができます。

スポンサーリンク

adhaは、5歳児未満では判断が付きにくいと言われています。
好奇心旺盛であちらこちらへと動き回ることは普通の行動ですので、それほど心配する必要はありません。
年齢とともに、行動も落ち着いてくるはずです。
但し、小学校に入学してからも落ち着きがなく学業に支障をきたし、周囲に危害を加えるようなことがあると問題です。
学校の先生に相談するのも良いですが、十分な知識がないために問題を先送りしてしまうケースがあるようです。
地域の相談所や専門医に相談してみることが確実です。
治療には、教育的治療とお薬による治療があります。
教育的治療は、子どもが集中しやすい環境を作ることや、本人が適切な行動を学ぶことです。
お薬による治療では、メチルフェニデートなどのお薬が脳内の神経伝達物質の活性化を促し、adhdの症状改善に効果があると言われています。
副作用に関しては専門医とよく相談することが必要です。
adhdの治療で注意が必要なのは、子どもの行動を厳しく抑制するものであってはならないという点です。
本人が自分を理解して行動をコントロールし、少しでも生活しやすいように促してあげることが大切です。

スポンサーリンク