発達障害 仕事が遅い 対処法

仕事が遅い発達障害がある人への対処法

スポンサーリンク

発達障害には、種類があります。
それぞれの特徴を理解すれば、仕事が遅い原因も分かるので対処法を用意することができます。
adhdなら、仕事を最後まで仕上げられないまたは様々な仕事をしてしまい計画性がないというケースが多いです。
そのため、仕事が遅いと判断されてしまいますが本人が分かっていないこともあるので、きちんと話を聞いてみてから対処法を決めればいいです。
具体的な対処法としては、目に見える状態にしてみるとよいです。
最後まで終わらせられないのは、今どこまで進んでいるのか分からないためにおきています。
リストなどを作り、順番通りに進める形にすれば仕事が遅い状態にはなりにくいです。
目に見える順序があれば、いろいろな仕事に手を出すことはなくなります。
発達障害だから仕事が遅いのではなく、何をどう進めていいかわからないために遅くなっています。
複数の仕事を与えるのではなく、一つの仕事だけ行わせることも対処法の一つです。

スポンサーリンク

発達障害であっても、人それぞれです。
一つの対処法にこだわらず、様々な手段でサポートしていけば仕事が遅い状態になることはありません。
時間を守れない時は、声かけをするなど知らせるようにすれば時間に遅れることも減っていきます。
今やるべき仕事を一つ一つ伝えていくだけが対処法ではありません。
発達障害によっては、細かな作業が苦手という人もいます。
その人の特徴に合った仕事を与えれば、早く仕事を済ませてくれることも多いです。
発達障害の人は、仕事が遅いと判断されがちですが少し工夫をすれば健常者と同じように仕事を進めることが可能です。
繰り返しの作業が苦手な人がいれば、人と話すのが苦手という人など、発達障害であっても苦手分野には違いがあります。
苦手な仕事を極力減らしつつ、得意な仕事を見つけて割り振っていけば仕事の効率が上がっていきます。
仕事が遅いと気づいたならば、様々な対処法が必要です。
適切なサポートがあれば、発達障害がある人でもスムーズに仕事をやってくれます。

スポンサーリンク