adhd 仕事 適性

adhdに向いている仕事と適性について

スポンサーリンク

adhdは注意力が欠陥をしている障害です。
例えば、周囲を気にせずに何時間も一つのことに没頭してしまうという特徴があります。
これは趣味を楽しむには問題がないのですが、仕事をするとなると少々問題が出てしまいます。
例えば、時間を守ることが出来なくなったり大切なことを聞き逃してしまう可能性があります。
自分はこうしたいという拘りから仕事を進めることが遅くなってしまう場合もあります。
このような症状を持っている人は少なくありません。
ではadhdの人は何も仕事をすることが出来ないというわけではありません。
適材適所という言葉があります。
集中力が高いならばそれを活かす仕事をすればよいのです。
例えば在宅ワークなどは効果的です。
在宅ワークでは時間を守ることよりも集中して何時間も作業をすることが出来る人のほうが向いています。
これが適性であり、人間の能力を発揮するためのポイントです。
adhdはなかなか理解されない症状ですがメリットもあるのです。

スポンサーリンク

集中力が高いという事を活かす事ができればadhdであっても立派に活躍することが出来ます。
注意力が欠陥をしているということは、メモをとることでカバーすることも可能です。
しかし、いきなり状況が変わると対応をすることが出来ないという体質を改善することは難しいです。
多少は改善することが出来ますが、完全に治す事はできません。
ある程度までは努力で補助をしていくことは出来ます。
ですから、まず最初にやることは自分自身の記憶力や注意力がどのくらいであるのかを知る事です。
このようにして自分のことを知ることが出来れば適性が分かってきます。
集中をすることは難しくありません。
それを継続していくことも出来るのがadhdです。
しかし、他人と連携をして仕事をすることは得意でありません。
会社員として働くことは難しいかもしれません。
ですが、自分の適性を活かして在宅ワークなどをすればお金を稼ぐことも出来ますし、ストレスもたまりにくいのです。

スポンサーリンク