adhd 仕事 転職

adhdの人が仕事や転職をする際の注意点

スポンサーリンク

adhdの人が社会へ出て仕事に就いたり転職したりする際は、その仕事についたのち周りの人達と同じように、集団の中で社会性を持って自分の能力をきちんと発揮できるかどうかが鍵になります。
例えば、adhdの人は、通常、容易に習得できる対人能力や運動能力に欠けているケースが多くあります。
この病気の人は、一般の人とは異なる考え方や能力を持っているため、事前に、実際にオフィスで働いていく場合のシミュレーションして、問題なく職務がこなせるか確認しておくことが必要です。
その人の持つ症状の中でも特に目立っている症状が、職場で発生してしまわないかどうか、というのはまずまっさきに考えるべきことです。
普段から、この一番問題となる症状の発生について本人が自覚していたり、また周りの人たちもよくその症状を観察しておかなくてはなりません。
なぜなら、その症状がせっかく得た仕事を無くしてしまう事態を引き起こしかねないからです。

スポンサーリンク

実際に職場で仕事をしていく時、adhdの人にとって、一般的な職場環境であっても、さまざまな障害となる場合があります。
例えば、オフィスで発生するよくあるざわめき、つまり雑音なのですが、adhdの人の脳には雑音をフィルタリングする働きに問題があるため、すべての音が耳に入ってきて職務をこなすのに支障が出たりします。
書類などを読んでいる時、周りで沸き起こるどよめきやざわめきに邪魔されて書類に全く集中できないということがありえます。
また、作業への過度の集中や、それとは逆に、集中すべき時に注意散漫になってしまうということも症状としてあげられます。
このような場合、周りにいる人達と歩調を合わせるのが難しくなります。
過集中や注意力散漫の症状が現れる場合、あらかじめ職場の関係する人達の了解を得て仕事を進めることが大事です。
特に、行動に衝動性や攻撃性がみられたり何らかのトラウマを抱えている場合は、薬剤による治療が不可欠です。

スポンサーリンク