adhd 遺伝 結婚

adhd患者が結婚して子どもが出来た際遺伝はするのか

スポンサーリンク

adhdやadd、アスペルガー症候群などといった発達障害は、現段階の医療では原因は不明であるとされていますが、両親のどちらか、もしくはその両方、また祖父母などと言った親戚にこれらの発達障害の患者がいると、等親が近ければ近いほど、子どもも発達障害である可能性が高いと言われています。
また、それに加え、これらの発達障害の患者同士が結婚して子どもが出来た場合、片方が発達障害患者である場合に比べて遺伝する可能性はさらに高くなります。
そのようなこともあり、発達障害の患者同士で結婚をする場合、本人たちが症状を自覚している場合は子どもも早い段階から発達障害を疑い、日常生活に支障の無いよう小さいうちから療育を行うことで社会生活になじめるようにしている家庭が多いです。
またこれらのような発達障害は努力で治るものではないので、親が発達障害を持っている場合、どうしても子どもの発達が遅かったりすると焦ってしまうことがありますが、長い目で見てのびのび育つことの出来る環境づくりを心がけましょう。

スポンサーリンク

それではadhdをはじめとする発達障害の子どもの療育ではどのようなことを行うのでしょうか。
まずは一つのものに集中するための練習、そして日常生活に調和できるよう、人と話す時の距離感や感情の出し方、人に迷惑をかけない話し方の練習を行います。
これは療育の場だけでなく、家庭においても実践し、日常生活を送る上で当たり前のことであることを認識させる必要があります。
また、発達障害だからと言って、健常者の子が普通、行ったら親が叱るようなことに対して寛容にはならず、「その行動はやってはいけないことである」ということを本人もしっかり認識できるようにするため、悪いことをしたらしっかり叱ることも大切です。
それに加えて、出来なかったことが出来るようになったら、人の感情を読み取ることが苦手なので、本人にもそれがしっかり伝わるよう、少し大げさ目に誉めてあげることで本人が「良いことをした」という風に認識できるようにしましょう。

スポンサーリンク