adhd 診断 5歳

5歳でのadhd診断について

スポンサーリンク

adhdとは「注意欠陥多動性障害」と呼ばれる発達障害のことです。
子供のadhd診断は5歳からと言われています。
5歳からでないと診断が難しい理由は幼い子供はまだ発達途中で見るもの全てが新鮮なため、落ち着きがなく集団行動ができず集中力に欠けるのは当たり前のことだからです。
よく1、2歳の親御さんで「うちの子はほかの子と比べるとじっとしていることができなくて」と発達障害を心配している方がいますが、その子の個性ですので全く問題ありません。
活発でよく動き回る子も5歳前後でようやく周りに合わせて行動したり集中して何かをすることができるようになります。
幼稚園や保育園で集団行動を学ぶのがこの時期なのはそういった理由です。
幼稚園年長や小学校入学しても、机に座っていられない、授業中に徘徊してしまう、友達と合わせて行動することができない、先生や友達に乱暴してしまう等の行動を見せるのであれば、adhdの疑いがあるかもしれません。

スポンサーリンク

まず、adhdの特徴は3つあります。
多動性(落ち着きがなく動き回る)、衝動性(思いつくままに行動する)、不注意(集中力が無く、ちょっとしたミスを多発する)です。
子供の頃はささいな症状でも、発達障害が見過ごされたまま大人になってしまった人の多くは、大人になっても発達障害に悩まされています。
具体的には仕事中に机に向かってパソコンを叩き続けるのが苦痛、家事の段取りやお金の管理が難しい、衝動的な発言で人を傷つけてしまう、部屋を片付けることができない等、社会生活や人間関係に問題を抱えてしまいます。
上記の症状は親のしつけがなっていない、自分がしっかりしないからだ等と言われがちですが、そうではなく発達障害という病気です。
大人になってから症状に苦しまないよう、子供の頃から発達障害に向き合ってあげるのが重要です。
発達障害は周囲のサポート次第で解決・緩和が可能です。
しかし、発達障害は個性でもあることを理解してあげてください。

スポンサーリンク