adhd 先延ばし 改善

adhdの症状から来る先延ばしの改善について

スポンサーリンク

adhdの症状から来る先延ばしの改善について考察いたします。
adhdの症状の一つとして「先延ばし」があります。
何か目標を設定しても、他のことに目移りしてしまったり、目標の設定が的確ではないために、逃げ出してしまいたくなるのです。
そのためにTO DOリストなどを作るなどの工夫をする人も少なくありませんが、adhdの場合は、TO DOリストをつくっても、上手くいかないケースが少なくないようです。
理想的なのは、周囲の理解と協力を得て、日々の仕事、TO DOリストについて管理をしてもらい、必要であれば行動を修正してもらうことです。
そうすることで、adhdの特徴を上手に抑え込み、成果を上げて社会的に活躍することが可能となります。
それが難しい場合は、自分でしっかりと本を読んで、adhdについての知識を得て、症状の特性を掴み、メンタル強化と意志力強化に加えて、認知行動療法をなどを実践して改善へと向かわせる必要がると言えるでしょう。

スポンサーリンク

多動性は理解されがたい病気で有名ですが、医師の診断書などがあれば、周囲の理解を得られやすくなりますし、こちらで誠意をもって説明することができれば、必ず協力してくれる人はあらわれます。
そのときも、自分のことだけではなく、相手の気持ちも考えながら、接することが大切です。
自分の計画遂行能力の低さと、プライドの高さが、同時に現れて、逆に相手を論理的にまくし立ててしまうような場合は、相手はよほど理解がないと協力してくれなくなります。
自分が多動性の症状を持っているという自覚をもって、一見納得のいかないような意見にも耳を傾けて、しっかりと一度決めた目標を遂行するという意志力の強さを養うことも大切なことです。
そのためには、自分が正しいと思うことが、本当に正しいことなのか、一度問い直す必要があると言えるでしょう。
必要以上に問うてしまうと、自信喪失につながりますが、自省の気持ちや、自己を客観的に観察することは大切なことです。

スポンサーリンク