adhd 学校 行きたくない

adhd児の「学校へ行きたくない」への対応法

スポンサーリンク

adhdは注意欠陥障害という名前ではありますが、このadhdの患者は他の発達障害も持っていることが多く、それに多いのがアスペルガー症候群や学習障害です。
このような症状を持っている場合、日頃の学校の授業についていけなかったり、友達やクラスメートとのコミュニケーションが上手く取れないなどという点が原因となって「学校へ行きたくない」という風になってしまうことがあります。
また、この場合、担任や保健室の先生などとも同様に上手くコミュニケーションをとれないことが多く、相談できる相手がいないことからもこのようになってしまうようです。
adhdである場合、小学生や中学生であるとやはり目には見えないものであり、生活していくうえで必要なことは出来ているため、なかなか理解されにくいのが現状です。
そのようなことからいじめ、もしくはそれに近い状況となってしまい、不登校となっている場合は早急に対策を練る必要があります。

スポンサーリンク

どうしても学校へ行きたくない場合、やはり行けるようになるには時間をかけてゆっくり自分に自信をつけるしかありません。
行きたくない理由としてはやはりどうしても「周りの目が気になってしまう」からであり、こがのようなものに対してはカウンセリングなどを利用して少しずつ「自分が思っているほど周りは自分の事を気にしていない」ということに気付き、あくまで自分の性格は「個性」であるということがわかるようになってくると少しずつ自信がついてきて行ってみようという気になる子も多いです。
それでもダメな場合の選択肢として通信制を選ぶと言う手があります。
高校は通信制高校があります。
小学生・中学生の通信制となるとフリースクールとなってしまいますが、同じような境遇の子たちが集まっていることで自分が過ごしやすい環境で集団生活を行うことで少しずつ集団生活に慣れていく方法です。
ある程度自信がついてくると、学校とフリースクールどちらにも通うことで自分の心の逃げ道を作り、心の均衡を保っている子もいます。

スポンサーリンク