adhd 診断 メリット

adhd早期診断のメリットについて

スポンサーリンク

adhdの主な症状は、多動性、衝動性、不注意の3つです。
これらの症状のため、adhdの子供は家庭や学校生活の中で行動を適切にコントロールできません。
多動性の症状には、じっとしていることができない、過度におしゃべりしてしまうなどがあります。
衝動性の症状には、待つことができない、他人を押しのけて自分のしたいことを実行するなどがあります。
不注意の症状としては、集中力がない、ケアレスミスをする、計画通り物事を行えない、なくし物や忘れ物が多いなどが挙げられます。
adhdに該当する症状がある子供は、学齢期で10%前後とされ、男子の患者数は女子の10倍と推定されています。
おおよそ幼児期に徴候が現れ、小学校入学後の学校生活の中で症状が明らかになっていきます。
しかし、不注意の症状の場合、誰もが経験したことのある事柄であるため、周囲に気付かれることなく、そのまま放置されて大人になってから診断されるといった事例もあります。

スポンサーリンク

子供にadhdの症状が現れた場合は、小児科や児童精神科などの専門の医療機関で診断を受けます。
近くに専門医が見つからない場合は、地域の保健センターや児童相談所などに相談すると紹介してもらえます。
初めての受診の際には、子供の日頃の様子や行動について細かく記録した育児ノートなどを持参するようにします。
子供の書いた絵や日記なども参考資料となります。
病院での診断は、本人への問診と直接観察、保護者が持参した資料に基づく保護者との面談などが行われます。
特に幼児期の場合は、多動性、衝動性、不注意といった行動は多くの子供にも見られます。
また、似たような症状が現れる他の障害もあるため、医師の診断は時間をかけて慎重に行われます。
早期にadhdの診断を受けると、正しい治療と正しい対応により症状が緩和するというメリットがあります。
また学校で問題児扱いされたり、周囲に失敗を叱責され続けることで精神的に追い詰められてしまうといった事態に陥ることを防ぐことができます。

スポンサーリンク