adhd ドーパミン 不足

adhdになるとドーパミンが不足します

スポンサーリンク

大人にも多く見られるadhdは、注意力の欠如や落ち着きのなさといった症状が現れるのが特徴です。
adhdになると脳内のドーパミンと呼ばれる物質が不足することが分かってきています。
ドーパミンは神経伝達物質として知られており、神経細胞間のコミュニケーションに大きな役割を担っているのです。
ドーパミンは人間の前頭葉の働きにも不可欠な物質です。
adhdではドーパミンが不足することでこの前頭葉に十分量を届けることが出来なくなり、その結果前頭葉の働きも落ちてしまいます。
前頭葉は、様々な事柄を整理したり物事を順序立てて考えたりする場合に特に必要となる器官です。
ですので、この部分の働きが鈍るとadhdのように注意力や集中力の欠如といった症状が現れてきてしまうわけです。
この病気の背景には、意外にもこういった脳内の神経伝達物質の働きが関わっています。
そのため、現在では様々な方法でこの物質の分泌を増やす方法が試みられているのです。

スポンサーリンク

adhdの治療は、現在主に薬で行われています。
ドーパミンを増やす作用を持つ薬を服用することで、前頭葉の働きを正常に戻すことが試みられているのです。
また、認知行動療法などを合わせて行い、日常生活への復帰をサポートすることもあります。
この病気になると時に生活面でも自信を失うことが多く、自信喪失がさらに病状を悪化させてしまうことがあるため、メンタル面のサポートも実際重要な治療の課題なのです。
また、最近では生活や人間関係における行動をアドバイスするケアが行なわれています。
この病気特有の片付けられない癖や物事を先送りにする習慣などを見直すよう、サポートを行うことに力が入れられているのです。
脳内物質は、現在様々な病気との関連が指摘されるようになっています。
実際こういった物質は、やる気や心の安定といった精神面に大きな影響を与えており、病気の場合には脳内物質の量などに異常が見られることが分かってきているのです。

スポンサーリンク