adhd 本人 告知

adhdを本人へ告知するためのコツ

スポンサーリンク

adhdの診断は問診や様子を直接観察したり、保護者からの情報などを参考にして診断されます。
脳の伝達経路に異常がある病気であるため、不注意・多動性・衝動性などの特性が挙げられていますし、遺伝性も挙げられており、生まれながらにしてadhdを発症するため、本人の自覚がなくとも医師がadhdと告知する場合も見受けられています。
また、症状を理解する年齢とされる就学前後の子供に対し、問診や様子を直接カウンセリングすることで知能や社会性を評価し、その結果、保護者を含めた告知を行う医師が近年では増えています。
注意欠陥多動性障害を持つ子供に対し、告知することによりショックで落ち込み、心身的因果に繋がることを指摘する保護者が多いものの、問題となるのは診断名となるadhdの言葉ではなく、何を苦手として何を必要とするのかに早い段階で気付かせることにあります。
幼少期から同年代の子供達と携わるため、子供は周りと異なる部分があることに気付きはじめています。

スポンサーリンク

周囲との違いに気付き、その答えを親へ求めてくるケースが非常に多いのもadhdの子供の特徴であり、その段階で本人へ告知するケースが理想とされています。
言葉が理解できる年齢となり、症状について理解を求める場合には動機付けの意味合いも兼ねて、理解できる範囲内で障害について説明し、対応策までを優しい口調で穏やかに話し合います。
中・高学年となる年代では性格の1つとして捉える子供が多く、近年では学校をはじめとする様々な施設においても障害に対する支援が拡大しているため、苦手な分野に挑戦できるケースが増えています。
結果、症状の緩和や状態を観察しながらの治療へ切り替えるなどの改善へと向かう傾向にある研究結果が報告されています。
障害ではなく、苦手とすることに着目した伝え方を行うことにより、特別な障害であっても苦手なことを克服することは誰にでもあり、特別ではないことだと認識できるために上手く障害に向き合うことへと繋げられます。

スポンサーリンク