adhd 子供 暴力

adhdの子供の暴力の原因と対策は

スポンサーリンク

adhdの子供の主な症状として多動や集中力の無さなどがありますが、それだけでなく子供によっては他人に暴力を振るってしまうこともいます。
それによって幼稚園や保育園で周りの子から避けられ、馴染めなかったりすることでその行動はさらに悪化してしまいます。
そのような悪循環を起こさないためにもその原因と対策法を把握しておくことで、今後も周りの子たちと円滑な人間関係を築くことが出来ることを目指しましょう。
この原因に関してはやはり周りとのコミュニケーションが出来ずに頭の中がパニックを起こす、イライラすると言ったことが大きいです。
そのようなことを避けるためにはやはり小さいうちからの療育は大切であり、周りの子たちと比べて圧倒的に落ち着きがない場合は早い段階から診断を受けに行き、adhdを認めて、こんな時はどうすればいいのかということを身につけておくことで、大人になってからもそれが社会で生きていくうえで役立ちます。

スポンサーリンク

問題視されているのがadhdの大人の暴力です。
この場合、子どもの頃からそのような症状があるのにも拘わらず放置されてきたり、グレーゾーンだったりする人に多いです。
また、暴力だけでなく暴言や対人トラブルも絶えなくなってしまいそのようなことで社会に対応しきれずにふさぎ込んでしまう人も多いです。
そのようなこともあり、近頃では大人のadhdに対する支援や治療を行っている病院も少なくはありません。
そのような病院に関しては精神科だけでなく、心療内科もあるのでこちらであれば近頃は大人のアスペルガー症候群などと言ったものもあることから気軽に訪れることが出来るようになってきているので、まだ診断を受けていないけどそのような症状が小さい頃からある場合、小さい頃からグレーゾーンと言われていたけれどもそのまま成長して大人になってから人間関係に支障をきたしてしまっている場合は一度訪れてみて軽く相談をしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク