adhd 診断 小学生

adhdの小学生の診断率

スポンサーリンク

発達障害の一つである、adhdは最近様々な場面で注目が広がっている発達障害です。
この障害は、主に集中力が散漫なことや多動であるということなどが主な症状とされてきたものの、最近ではその他の症状でも障害が認められるということがあります。
特に注意力が散漫なだけではなく、それによって起こる学力不振や生活に対する困難などのことが起こることが多くなっています。
この様な症状は、adhdが研究されるまでにほとんど認知されていなかったものの最近では広い範囲で認知されているものとなっているために、医療機関だけではなく教育機関などでも数多く認知されているということから、様々な場面で知ることが出来る様になっています。
また、最近では診断の基準も多くなっているために、個人の障害や身体的な面など様々な特徴に合わせた診断が可能となっているために、良いと言われており日常的に多様な場面で診断を受けることが可能となっています。

スポンサーリンク

また、最近では小学生の間に診断を受けるということが増えています。
小学生の確率としては、一クラスあたり2人から3人程度はadhdやその可能性が高いという人が存在していると言われています。
そのために、学校教育の場面などでは発達障害に関する研修などが数多く行われているということが増えています。
また、発達障害に関する研修などが行われていることによって当事者となっている人が快適でなおかつしっかりとした生活を送ることもできるということから、小学生の学校生活などの中でadhdの疑いがあるということやその傾向が強い時などには、医療機関などに相談することが必要です。
医療機関などに相談することによって、比較的高い確率で障害の有無を判断することが出来る上に、適切な支援やアドバイスなども受けることが可能であるために、小学生の間にadhdの診断やそれに関する相談などを進めることは生活する上で必要不可欠なこととなっています。

スポンサーリンク