adhd 2歳 症状

2歳児のadhdの症状の理解で快適な生活を手にしましょう。

スポンサーリンク

adhdとは注意欠如多動性障害と言われる発達障害の事です。
発症のタイミングは様々です。
2歳児のような幼児で発症する事もあれば成人して発症する場合もあります。
幼児の場合は、親が周囲の子との違いに気づき、専門家の診断で発覚するケースが大多数です。
幼児の主な症状は周囲の子と比べて落ち着きがないことです。
じっと座っていられないため、食事の時に親が非常に苦労してしまう事があります。
更に、外出した際は子どもが興奮して走り回ってしまうので捕まえる事が大変であったり、すぐに迷子になってしまう事があります。
他にも保育園や幼稚園で落ち着きがなく、周囲の子と馴染めていない、といった事を言われて異常を感じる場合があります。
そういった症状から専門家に診断してもらい、adhdと診断されて発覚する家庭がほとんどです。
adhdは一種の発達障害ですが、こういった障害を抱える子どもに対して正しい知識を持って接していくことが重要です。
それが障害を抱える子どもの将来に大きな影響を及ぼします。

スポンサーリンク

adhdの特性を理解する事が正しい付き合い方のスタートラインです。
特性としては、「独特の感性、視点を持っている」「突然のひらめきがある」「新しい物に対して敏感」「行動力がある」「興味がある事に対して非常に集中力がある」といった事があります。
短所としては、単純作業が苦手であったり、人づきあいが苦手であることです。
こういった特性を活かして仕事をして、一般的な生活を送っている方は非常に多く存在します。
だから、自分の子どもが注意欠如多動性障害と診断されたとしても悲観する事はありません。
エジソンなどの歴史に名前を残している偉人にも注意欠如多動性障害の方は数多く存在します。
子どもが興味を持っている事は更に好きになるように経験させることを心がける事が重要です。
叱るばかりでは子どもが委縮してしまうので、子どもの成長の可能性を狭める事になってしまう事も知っておく必要があります。
症状を理解し、普通を求めず、子どもの目線で子どもの好きな事を伸ばしていくようにして付き合っていくことで、より快適で明るい未来を手にすることができます。

スポンサーリンク