adhd 4歳 特徴

adhdの4歳児の特徴と対応

スポンサーリンク

adhdは4歳頃に診断が下されることが多くなります。
これは、通常はこの年齢になると話している相手の言うことに対して耳を傾けるということが出来るようになる頃だからです。
しかし、adhdが疑われる場合には、話している人の話を遮るようなかたちで自分の興味のある話をしだしたり、突然大きな声で叫ぶというような行動が見られるようになります。
この行動は注意されても治まらなかったり、時には思いならないということに対して激しく怒るという場合もあるのが特徴です。
保育園や幼稚園に通っているという場合には、集団行動をすることが出来ないという連絡がある可能性もあります。
しかし、このような行動が見られた場合でも、保護者に連絡ということは出来ますが、専門医に診療を勧めるまでは出来ないというのが現状としてあります。
自分の子供に障害があるということを受け入れることが出来る親はなかなかいません。
そのため、その可能性があるということを伝えたことにより、トラブルとなる可能性があるためです。

スポンサーリンク

しかし、adhdをそのまま放置した場合、負担を受けるのは子ども自身です。
また、親自体も障害を正しく理解することで適切に対応することが出来るようになります。
他の子どもと比べると、出来ないことが多いのが実情です。
それは、その子どもが悪いというわけではなく、障害によるものであるということを理解するということが大切です。
また、子どもも成長することで他の人と自分との違いに悩まされることが多くなります。
場合によっては、二次障害の原因となる可能性もあります。
出来れば、就学前に適切な治療を始めることが好ましいと言えるでしょう。
adhdの特徴として、多動性や注意欠陥などが見られる事があります。
ついつい感情的に叱ってしまいがちですが、それでは大切なことが伝わらないばかりか逆効果となってしまいます。
大切なことを伝える時には、感情的にならないように心がけ、分かりやすい言葉で、具体的に伝えるということが大切です。
時には、絵などを用いても良いでしょう。

スポンサーリンク