adhd 対応 幼児

adhdの幼児に対する周囲の対応

スポンサーリンク

幼児期頃から周囲にも理解できるほど見受けられる症状として、不注意・多動性・衝動性を持つのがadhdの特徴であり、症状の出方は幼児によって様々ですが、不注意が目立つ群・多動や衝動性が目立つ群・混合群の3つに分けることが可能です。
また、幼児の症状に合わせた対応が保護者をはじめ、周囲の方々には必要な事柄となります。
例えば、不注意の特徴となるのが、物を紛失しやすく忘れ物が多く、集中力が続かない特徴が挙げられています。
adhdと呼ばれる障害は、発達特性に起因することが明確になっており、育て方あるいはしつけが原因とはならないものの、接し方や育て方が症状に影響を与えることがあるため、周囲の対応の良さが症状を緩和させることに繋がります。
不注意で多い集中力を高める対応としては、周囲からの刺激を極力少なくすることが大切であり、テレビや数多くのオモチャなどは幼児の意識が散漫となりやすいため、1つに絞ることも重要です。

スポンサーリンク

さらにadhdで多動や衝動性の特徴としては、落ち着きがなく大声を出したり、体を動かすことが抑えられない症状を挙げることができます。
周りの対応としては、優しく見守ることが脳内の神経伝達に優しく作用するため、声を荒げるしつけではなく、穏やかな口調でのコミュニケーションを取ることが必要となります。
さらに混合群の特徴としては、不注意と多動の両方を持っており、じっとしていることができず、ルールが守れないなどの症状が幼児に多く見受けられています。
家庭においても生活する上でも、守るべきルールが設けられているために叱る対応を取ってしまいがちですが、反抗を刺激することに繋げてしまいやすいのが指摘されています。
興奮した状態を落ち着かせる工夫が必要となり、間違いを指摘せずに正しい行動に移った際に褒めることで気持ちを汲むことに繋げられ、adhdの特性を正しく理解することにより、症状を改善や緩和させることが可能です。

スポンサーリンク