アスペルガー症候群 軽度 症状

アスペルガー症候群の軽度の症状

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という病気があります。
これは最近よく耳にするようになった病気となっていますが、症状が軽いものや重いものに分けることができます。
その中で軽度の場合には、周りの人が気がつかないことが多くなっています。
また本人もアスペルガー症候群であることに気がついていないこともあります。
アスペルガー症候群と聞いたときには、社会生活を送ることができないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
軽度の場合には一部分だけが目立っていたりすることもあるので、浅く広く全体的に体に症状が現れることが多くなっています。
では軽度の場合はどのような症状が現れるのかというと、集団生活を苦手としています。
しかし学校や会社に通うことができないということではありません。
学校生活の中では、空気を読むことができなかったり、話が通じないというような感じで受け止められるようになっています。
すなわちコミュニケーションを取ることを苦手としています。

スポンサーリンク

軽度のアスペルガー症候群の人の中には、精神的に悩んでしまうという人もいます。
それは対人関係を上手に作ることができずに悩んでしまい、二次疾患を発症してしまうこともあります。
しかし独自の才能を発揮させて、周りの人に認められているという人も少なくありません。
すなわちこのような症状があっても個人差があるのです。
個性的な生き方が大きな特徴となっています。
空気が読めなかったり気がつかないというような症状がありますが、これは一方的に自分の話をするというような傾向があります。
その結果会社では上司の機嫌を悪くしてしまったということも珍しいことではありません。
しかし空気が読めなかったり気がつかない人でも、これらの失敗を後ろ向きにとらえないことが大切です。
周りの人から指摘をされても、感謝の気持ちを伝えることができるように、前向きな態度で接することが大切になります。
アスペルガー症候群の人は、自分の才能に気がつくことができれば、こつこつとその才能を上達させることができます。

スポンサーリンク