アスペルガー症候群 結婚できない

アスペルガー症候群の人は結婚できない?

スポンサーリンク

社会人になってから発達障害であるアスペルガー症候群持ちであると診断されてしまってショックを受けている方もいると思います。
アスペルガー症候群特有の対人関係の障害により、他人と適度な距離感でコミュニケーションしづらく、言葉の行間を読み取ることが苦手なこと、相手の立場に立って考えるなど立場を変えた発想が難しいなど、日々の生活を送る上で苦しんでいる方は多いかもしれません。
また、自分の興味やこだわりが強すぎて、なかなか他人との付き合いで合わせることができないことも多々あると思います。
ましてや、結婚はある意味究極の人付き合いとも言えますので、アスペルガー症候群の方は自分は「結婚できない」と思ってしまうこともあるかもしれません。
しかし様々な工夫をすることで日常生活での障害を軽くすることができます。
また、特徴を良い方向に向けていくことによって、十分に対処していくことも可能です。
つまり、アスペルガー症候群だからといって「結婚できない」わけではないのです。

スポンサーリンク

まずアスペルガー症候群は知的なレベルには影響がなく、その集中力の高さから返って知識レベルが高い場合もあります。
外国語習得、コンピューター技能の習得に関しては特にその傾向が見られます。
また、立場を使い分けることが難しいということは逆に考えれば、誰に対しても公平に接することができるということにもつながります。
正直で素直でうそがつけないという特徴は良い味方をすればメリットにもなるのです。
また、マイペースなのも、回りに予め周知しておけば大きな問題にはなりづらい特徴であるといえます。
そして、こだわりが強いという特徴も、予め周りに言っておくことと、自分のこだわる部分に関してはあらかじめ踏み込んで欲しくないということをアピールしておくことで無駄な軋轢を防ぐことができます。
また、こだわりが強いがゆえに通常な人が気がつかない細かな点に気づく人も多いようです。
また、行動のモチベーションが常に自分にあるため、過剰に周りの賞賛を得ようと煩悶することもあまりないでしょう。
こだわりもしつこいととらえるか持続力があるととらえるかでまったく見え方が変わってきます。
まじめな方が比較的多いのもメリットと言えます。
よって「アスペルガー症候群」だから「結婚できない」ということは全くないのです。
要は捉え方をどう変えるかということが重要です。

スポンサーリンク