アスペルガー 軽度 特徴

軽度のアスペルガー症候群の特徴とは

スポンサーリンク

軽度のアスペルガー症候群の場合、周りはもちろん自分自身も気づかずにいるということがあります。
重度の症状が表れると社会生活も大変になったりしますが軽度のものだとただ単に人間関係をうまく築けない人、空気が読めない人だと思われていることも多くあります。
またそのようなことが軽度のアスペルガー症候群の特徴と言えます。
まずは空気が読めない、変化に気づくことができないということです。
例えば職場での失敗で上司の機嫌を損ねてしまったのに、その事に気づかなかったり、場の雰囲気にあった表情や会話ができなかったりなどがあります。
このようなことが原因になり周囲から嫌われてしまったりすることがありますが、そうなった場合失敗したことで落ち込むだけでは人間関係を改善することはできませんので、なるべくポジティブに受けとめることが大切です。
何がいけなかったのかを教えてもらうということも積極的に人と関わることに繋がりますし関係の改善にもなるでしょう。

スポンサーリンク

もう1つ軽度のアスペルガー症候群の大きな特徴はコミュニケーションがとりづらいため、社会や集団に馴染めないことが多いということです。
挨拶をするくらいならば、何でもなくできる人が多いなか話が込み入ってきたり、大人数での話し合いなどは適切な言葉を返すことができません。
そのため悪気はないのですが、話を聞いていないとか不真面目だという印象を持たれてしまうことも少なくありません。
このように軽度のアスペルガー症候群の特徴はコミュニケーションが苦手だったりと集団生活で困難を感じる場合が多くあります。
ですが反対の良い特徴としては素直、真面目、独自の感性があることなどがあげられます。
ですから得意分野で才能を発揮させ活躍している人がたくさんいるのです。
自分の興味や得意分野を見つけることで、その才能をコツコツ磨き伸ばしていくことは、自分に自信をつけることにも繋がります。
そして社会に馴染むための大きな一歩となる場合もあります。

スポンサーリンク