アスペルガー 遺伝 確率

アスペルガーが遺伝により発症する確率は?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことを指す言葉です。
この障害は自分で自覚することが難しいことから周りの人や親も気付かないことがあり、それによって様々な誤解を与えてしまうことがあります。
アスペルガーの特徴は運動能力や学習能力に対しての影響はなく、コミュニケーション能力や社会性、言い換えれば人付き合いに対しての障害になります。
障害者と言えば乱暴ですが、極端に言うと人付き合いが苦手で少し違う考え方をする変わった人の印象を持つことがあります。
しかし相手の調子に合わせることや顔色をうかがう、場の空気を察することが苦手なために悪気はないものの相手を不快にさせたり傷つけてしまう発言をしてしまうことがあります。
このことからマイナスに捉える方も多いと思われますが、実はプラスに働く部分があります。
それは興味を持った事柄に対してのみですが、驚異的な集中力や記憶力を発揮する点です。
勉強で例えると一瞬で数字の羅列を暗算したり、偉人や年号をすぐに暗記するなどがあります。

スポンサーリンク

アスペルガーの症状は早くても3歳や4歳の頃に表れます。
その症状や障害が現れる原因については色々な意見があり、中でも有力とも言えるのが遺伝によるものです。
例えば親がアスペルガーの障害者だったために子供に遺伝されてしまった事象もありますが、その確率は100%ではありません。
さらに親が正常でも産まれた子供に少ない確率で発症する例もあります。
実際のところ少ない確率で遺伝されることがあるが、その原因についての特定には至っていないのが現状です。
他に育った家庭環境や妊娠時、出産時の状態が影響を与えたとの意見もありますがこちらも現在確定できるものはありません。
結論を簡潔にまとめると遺伝される可能性はあるものの、確率の問題になるわけです。
その他にも何かしらの理由でアスペルガーが発症してしまうことがありますが、原因は不明です。
この障害は人によっては深刻な重度であったり心配ない軽度であったりと異なります。
しかし環境や訓練によっては軽度にすることや改善させることができます。

スポンサーリンク