アスペルガー 恋愛 執着 特徴

アスペルガー症候群の恋愛時の執着の特徴

スポンサーリンク

恋愛の際、人によっては相手に過剰なこだわり、執着を見せることがあります。
こうした状態は相手の意思をくみ取っている場合であればまだいいのですが、その意向を無視している場合、モラハラやDVなどのトラブルを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。
こうした恋愛の傾向にある人の中にはもともと特定の人やものに固執しやすいという特徴を持っているケースがあります。
それがアスペルガー症候群と呼ばれる発達障害の一種です。
アスペルガー症候群はいわゆるコミュニケーション能力や社会性の欠如が顕著に現れる発達障害で、知能や言語機能には障害が現れないという特徴があります。
そのため、子供のうちには発見することができずに、大人になってから就職や結婚など環境の変化があって初めて診断が下されるというケースも少なくないのです。
アスペルガー症候群の人の場合、その特徴として物や人へのこだわりが症状として現れます。
これは決して悪いことではないのですが、そこに相手の気持ちが把握できないという障害がプラスされることによって一方的な好意、さらには執着によるトラブルが発生していくのです。

スポンサーリンク

恋愛においてトラブルにもなりやすいこの執着行為、アスペルガー症候群の人であれば特に、人への対応が支配的、さらには服従的になりがちになります。
恋人への対応が物に対するこだわりと同じようなものになってしまうのです。
こうした状態を改善していくためにはまず当人がアスペルガー症候群の障害や特徴を十分に理解していくことが大切になってきます。
必要に応じて医療機関や相談施設を活用してその診断を受けることもポイントとなってきます。
ある程度診断がついた状態であれば、自分の性格、特徴にも理解が進んでいますし周りの人間もそれらに配慮していくことが可能になります。
周りの人の支えの中で自分自身が生きやすい環境を作りあげていくこと、さらには周りの人間への配慮を心がけるなど個別の工夫が肝心になっていきます。
恋愛に関するトラブル、性格やこだわりなど自覚症状がある場合には出来るだけ早めの行動を心がけるようにすることをオススメします。

スポンサーリンク