自閉症 3歳 チェック 特徴

自閉症の3歳のチェック方法と特徴

スポンサーリンク

自閉症という言葉をテレビや雑誌などで見かけることが多くなっています。
発達障害の中の一つとして考えられることが多くなっていますが、年齢によって自閉症の症状が異なっています。
小さな子供に見られることが多くなっていますが、3歳児のチェック方法もあります。
年齢ごとにあらわれ方が異なっているという特徴が自閉症にはありますが、特徴的な症状は3歳や5歳頃に多く見られるようになっています。
したがってこの時期にしっかりとチェックをすることで早期に発見し早期療育を進めることができます。
そのなかでコミュニケーション障害があります。
これは友達への関心が薄かったり一方的な関わり方をするというような障害となります。
すなわち言葉の意味をしっかりと理解することができないコミュニケーション能力の欠如となります。
したがって自分が考えていることではないことが発生してしまうと、パニックを起こす傾向があります。
それを元に戻すために同じ状態にするようなこだわりがあります。

スポンサーリンク

これらの症状があるとチェックされた場合には、自閉症と診断されることが多くなっています。
赤ちゃんの頃から特徴が現れることもありますが、その場合には抱っこされるをの嫌がる傾向があります。
体を反らせたり大泣きをするというような傾向があります。
そのなかで3歳児に見られる傾向としては、人見知りをしなかったり後追いをしないというような症状が見られることが多くなっています。
親の真似をしなかったり親が呼びかけても反応をしないというような特徴もあります。
すなわち他の人への関心が薄いと判断することができます。
言葉を発するのが遅いということが多くなっていますが、そのなかで言葉が出た場合も同じ言葉を繰り返す傾向があります。
このような状態に異変を感じた場合には、病院を受診するようにします。
病院以外には、発達障害支援センターに相談をすることもできます。
実際にどのような治療が行われているのかというと、療育と薬物療法になります。

スポンサーリンク