自閉症 いつわかる

自閉症はいつわかるか?

スポンサーリンク

自閉症とは「自己の世界が真実と思い込み、他者との人間関係を上手く円滑にする事が難しい」発達の問題です。
その自閉症は軽い、重いなどの段階や個人差があり、いつわかるかと言えば正直に言えば難しい、が現実となります。
医師に診てもらい、診断が下された時が自閉症として分かる事となりますが、精神科の医師が精神分析した結果、診断を下すのか、精神分析後に様子を見てから診断を下すのかはその精神科医のやり方や視点にも異なります。
医師の問題においても個人差が生じます。
幼児から症状が見られる場合もあれば、30代40代になってから自閉症と判明する事もありますから、一概にはいつわかるかは難しいのです。
自閉症にも幾つあり、先天性と後天性にわかれます。
先天性ならばIQが高い問題、IQが人並みよりも下の問題、そして後天的となるとショックが強い事が起きた、重なった事により自ら心を閉ざす問題があげられます。
それらは非常に複雑で難しい問題なのです。

スポンサーリンク

子供に自閉の症状が表にあらわれてきた場合には、幾つかの動作(話し方、動き方、目線、執着など)があげられます。
例えばカタコトの話し方で難しい言葉を使う、「なのです、であるのです」といった大人口調にもなる場合がある、おうむ返し(相手が使った言葉、相手が投げかけた言葉をそのまま真似して言い返す)をするなど、が口語の一例です。
動き方の特徴としては、かたい動きや、ぎこちない動き、ロボットを真似た動き方などがあります。
また、運動が苦手で他の者とは異なり特徴的な動きをする場合があります。
目線としての特徴は相手を凝視する、相手の目を全く見ない、目をつねに左、右へと動かすなどがあげられます。
執着としては、個人差がハッキリとあられるのですが、物に興味を持ちやすい傾向があります。
人間よりも玩具やロボット、絵を描く為の道具など様々です。
以上にあげた内容は一例ですから、全てが全て、そうとは断言は出来ません。
自閉症がいつわかるかは個人差とタイミングなどの様々な条件が必須項目となります。
自閉の問題を抱えた人間も一人の人間です。
彼ら彼女らはとても個性がつよくインスピレーションが強いことが多いのです。

スポンサーリンク