10ヶ月検診 自閉症 診断

10ヶ月検診で自閉症の診断

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたときには、健やかに成長をしてくれることを一番に願います。
成長をする中で、しっかりと体の機能が発達しているかどうかを確認するために検診が行われるようになっています。
時期に合わせて検診が行われるようになっていますが、この中で10ヶ月検診というものが行われています。
言葉が遅かったり視線が合わない、このほかには歩くのが遅いというような症状を感じることがありますが、成長には個人差があります。
心配になる人がたくさんいますが、ここで自閉症ではないかと考えることもあります。
10ヶ月検診ではさまざまなことが確認されるようになっていますが、そのなかで寝返りやはいはいなどの時期に関して確認されるようになっています。
しかし10ヶ月検診では自閉症と診断することが難しくなっています。
障害の程度や種類はいくつかありますが、赤ちゃんの診断の場合早くても1歳半くらいにならないと分からないと考えられているからです。

スポンサーリンク

自閉症の症状が軽いという場合には1歳半検診で発見されることがありますが、少し可能性があると判断されてもはっきりと診断することは難しくなっています。
赤ちゃんには個性があります。
したがって乳幼児期の軽度の場合には発見をすることが難しくなっています。
また乳幼児は自閉症の原因がしっかりと解明されているということではないので、検査の有効な判断をすることができません。
ここでは資料などを比較して調べることしかできません。
1歳半検診では何か少し様子が違うと判断され、3歳になるまでに性格によるものなのか自閉症の特徴であるかを確認することができます。
しかしここでは非常に難しい判断となるので、年齢を重ねることで検査内容が異なっています。
早期発見と早期療育は今後の成長に大きく関わっていきます。
しかし10ヶ月検診では判断することができません。
疑いがあるという場合には、2歳くらいから始めるようにします。
何か異変を感じたときには医師に相談をするようにします。

スポンサーリンク