自閉症 知的障害 割合 対応

自閉症と知的障害が合併する割合と対応策

スポンサーリンク

現在分かっている発達障害は、実のところ幾つかの種類に分かれます。
症状の表れ方によって、数種類の障害に分類されているのが現在の状況です。
そういった障害の中の一つとしては、例えば自閉症が挙げられます。
自閉症は他者に無関心、逸脱した行動が見られるといった症状が表れる発達障害の一つです。
自閉症は発達障害の中でも比較的多く見られるタイプであり、他の障害を合併する割合も高いと言えます。
自閉症と合併しやすい発達障害として知られているのが、知的障害です。
知的障害は生活を送る上で特別なサポートを要する障害の一つで、自閉症と合併する割合も比較的高いです。
また、最近特に注目されているadhdも、こういった発達障害と合わせて生じる割合が高いと考えられています。
adhdの場合には単独で発症することも多く、大人の症状もかなり見られるのが特徴です。
自閉症と同時に見られるケースが少なくなく、問題行動を生じさせる一因となっています。

スポンサーリンク

実際、発達障害は複数のタイプを合併してしまう事例が多い傾向があります。
このような障害は、特に小学校に入学する時期には問題となるのが常です。
知的障害や学習障害がある場合には、普通学級に入れるか否かで迷うことになります。
こういった障害がある場合、症状が重複することも珍しくなく、正確な見極めはやはり専門医の手に委ねるのがベストですです。
コミュニケーションや対応にも一定の注意が求められることから、早めに障害のタイプを把握することが大切になります。
こういった発達障害は、家族を始めとする周囲の理解が必要です。
学校では集団で行動するという新しいスタイルがスタートされるため、特に対応策を考えることが重要となってきます。
教師やクラスメイトによる見守りも、必要となってくる要素です。
症状の表れ方によってそれぞれ適したサポートが違ってくるのが一般的であり、状態を観察してその都度対応を考えていくのが良い方法と考えられます。

スポンサーリンク