自閉症 こだわり 例 症状

自閉症の症状であるこだわりの例

スポンサーリンク

自閉症は生まれつき脳機能に異常が生じる為に発症する病であり、詳しい発症原因はまだ解明されておりません。
症状には、知能障害、コミュニケーションが上手くとれない、強いこだわりと執着心、目を合わせない等が見られます。
自閉症の症状の一つであるこのこだわりと言った症状は子供の頃から見られる様になり、周囲に違和感を与える程のこだわりの強さが見られます。
例として気に入った一つのおもちゃでしか遊ばない、一つの物事に集中しだすと周囲が見えなくなるまで熱中する、食べる食べ物の種類が決められている、決められたスケジュール通りに行動し急な予定変更に対応できない等です。
自閉症の患者は自身のルールに対して非常にこだわりが強く、他人にそれを制御される事を非常に嫌います。
この場合に見られる行動の例として、ある一つの物事に熱中している際に無理にやめさせようとすれば激しく怒る、泣く等のパニックに陥るケースです。
この様な症状から自閉症の患者は集団生活に中々馴染む事は難しいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

自閉症の患者がパニックを引き起こす事を防ぐ為には、無理強いをしない、怒らない、否定しない、やってはいけない事は優しく何度も繰り返し説明する等の対処が必要となります。
そして自閉症の子供に良く見られる症状が偏食です。
食材の色や形に強いこだわりを持ち好む色や形の物しか食べないと言った例もあるのです。
その場合は嫌いな色の食材を好きな形にカットする、嫌いな色の食材を好きな色の食材と混ぜる事で食べる様になる場合もあります。
そしてこの病の患者は、幼少期からしっかりと養育を行う事で今後の日常生活に悪影響を与えない迄に回復する事が可能になります。
そしてこの強いこだわりと執着心と言った症状は良く言えば非常に集中力が強く、努力家でもあると言う意味を持ちますから楽器や数学等に一度強い興味を示せば並外れた才能を発揮するケースも多いのです。
才能を開花させるには興味を持つ事には進んで取り組ませて行く事が重要となります。

スポンサーリンク