自閉症 知的障害 将来 子供

自閉症や知的障害を持つ子供の将来へ向けて

スポンサーリンク

自閉症は先天性の脳機能不全によって起こる障害です。
はっきりとした原因がわかっていないのが現状で、1000人に1人〜2人程度の割合で発症し、男性に多いと言われています。
3歳頃までに症状が現れ、その特徴はコミュニケーションが取れず人との関わりを避けます。
目的も無く動き回り、じっとしていられません。
また同じ遊びや習慣にこだわり、繰り返し続けます。
変化に弱く予定が変更するとパニックに陥ることもあります。
自閉症児のうち、知的障害を伴っている場合があります。
成長しても言語や理解力、記憶力といった日常生活に必要な能力が全般的に遅れています。
そのため学校ではなかなか友達を作ることが出来ず、引きこもりになることがあります。
自閉症も知的障害も社会生活が困難になるという点では似たような症状がありますが、症状の内容は人それぞれです。
親御さんや保護者の方にとっては接し方や将来について不安や悩みもあるでしょうが、知識や関わり方のコツを知ることで解消できることも多いのです。

スポンサーリンク

子供の将来を思案する前に、出来ることから始めましょう。
まず自閉症や知的障害に共通するのは、言葉の理解が苦手であることです。
ですから言葉以外に身振りや絵を使って話すと伝わりやすくなります。
更に会話の意図を理解することも難しいので、曖昧な表現は避けた方が良いでしょう。
また、自分が興味のあることは比較的早く覚えますが、そうでない物事には関心を示さないのも特徴ですので、本人の得意なことを見つけたり見極めていくことも大切です。
そうして覚えたり出来たりしたことには、褒めて良いところを伸ばしていくと良いでしょう。
自閉症や知的障害の子供は一度完全に覚えると決して忘れない傾向があるので、決して無理強いせずに達成できるような目標を作ることも大切です。
なるべく早い時期から公的な専門機関へ相談したり助言を受けることも必要です。
家庭以外の社会資源を利用しながら、障害を持っていても将来に向けて少しずつ成長できることを信じましょう。

スポンサーリンク