adhd 薬 値段

adhdの薬の値段はいくら

スポンサーリンク

まずadhdに使用する薬に関しては主にドーパミンの分泌を高くし、adhdの症状を一時的に抑えるというものになります。
これを使用することによって物事に対する集中力を高めると言った効果があるのですが、直接治療することの出来る薬は現代の医療では存在しません。
また、これを服用する際は副作用もあり、その症状として食欲がなくなったり、眠れなくなったり、吐き気がしたりといったものがあるので、大人子ども問わずうつ病に対する薬同様依存性も高いものであるので、服用する際には注意が必要です。
これらの薬に関しては保険適用内で購入することが出来、なので実質の負担額は3割負担であるものの、そのものの値段が高く、1か月の金銭的負担はそれでも8,000円程度となってしまいます。ですが、それを支払うのが難しい場合、発達障害やうつ病などと言った精神疾患には医療費の自己負担を1割まで減らす制度があるのでそれを利用しましょう。

スポンサーリンク

adhdの治療法は薬を使用したもの以外にもあり、その方法として周りにまずは症状を伝え、理解してもらい、安心できる環境で過ごすと言うものがあります。
周りにそれを事前に伝えておくことで、患者本人が物事を理解しやすいように短く伝えてもらう、同じことを忘れやすいので何度も注意してもらうなどということをしてもらうことで仕事や学校におけるミスを減らすように協力してもらいます。
それに加えて本人も物の無くさないように所定の位置に置いて管理をすること、自分の感情を抑え、授業中急に立ち上がって歩き回ったりしないなど自分の衝動をコントロールすること、人の話をしっかり聞くことなど日常生活における対人関係などを出来るようになる訓練を行うことで社会生活へなじむトレーニングを行います。
adhdと診断されやすい病気としてaddが挙げられます。
これは注意欠陥障害と言い、adhdと異なる点に関しては多動性がないと言える点です。

スポンサーリンク