自閉症 遺伝 親戚

自閉症と親戚の遺伝について

スポンサーリンク

自閉症という言葉を耳にすることがあります。
これは最近では注目されている病気となっていますが、これから結婚や出産を考えている人が遺伝をするのではないかと心配になっている人も少なくありません。
結婚や出産を考えたときに、親戚に自閉症の人がいる場合、自分の子供が自閉症になる確率が高くなるのではないかと心配になる人がいます。
自閉症という病気がありますが、これは遺伝するものではありません。
これは遺伝子の突然変異によって発症することがわかっています。
このほかには環境的な要因によって発症すると考えられています。
したがって親戚の中に自閉症の人がいても遺伝することはありません。
現在までにさまざまな研究が行われるようになっていますが、はっきりとした原因がわかっていないというのが現状です。
しかし最近の研究の中で特有の配列があるということが突き止められています。
そのなかで男性の発症が多く、女性の場合は発症をしても軽度であると考えられています。

スポンサーリンク

重症になるか軽症になるかに関しては、脳の作りが関係しています。
女性の脳波は男性と比べて社交的となっているので、症状が軽くなるのではないかと考えられています。
このほかに染色体が関係しているとも考えられています。
最近の研究でこのような結果が出てきたということから、自閉症の人の親戚には発症の確率が少し高くなっている傾向があります。
しかし必ずしも100パーセント遺伝するということはありません。
兄弟の中で発症している場合、他の子供が発症する確率は2パーセントから10パーセントであると考えられています。
逆に親戚に発症している人がいないという場合には、子供が発症する確率は0.2パーセントとなっています。
このほかに考えられる原因としては、母親の抗てんかん薬の服用や妊娠中のウイルスの感染でも発症の確率が高くなると考えられています。
不安障害を抱えているという人がいますが、この場合の子供は発症の確率が高くなると考えられています。

スポンサーリンク