自閉症 特徴 5歳児

5歳児の自閉症の特徴

スポンサーリンク

自閉症という障害があります。
これは発達障害の中の一つとなっていますが、今まで生活してきた環境が影響しているということではありません。
先天的な疾患として考えられています。
育て方が悪かったのではと悩む親もいますが、決してそのようなことはないのです。
自閉症は3歳くらいまでには分かると考えられています。
成長の中でいくつかの検診が行われるようになっていますが、ここで普通の子供と比べると少し異なっているところがあると発見することができるのです。
実際にどのような様子が現れるようになっているのかというと、言葉の発達が遅れているということが多くなっています。
これは保育園や幼稚園の生活の中で感じ取れることで、検診を受けると自閉症と診断されることがあります。
成長していく中で5歳児の様子はどのようになっているのかというと、5歳児の自閉症の特徴は次のようになっています。
一番わかりやすい症状となっている言葉に関してですが、まだ上手に話せないことが多いです。

スポンサーリンク

5歳児になると保育園など集団生活をするところに通っていることが多いですが、ここで同年代の子供と比べると言葉の話し方がまだ上手にできないと感じることがあります。
しっかりと話をしたいけれど、それを上手に言葉として現すことができないというような特徴があります。
この他に見られる特徴としては、1人で遊ぶことが多く、それを邪魔すると機嫌が悪くなります。
1人で遊ぶことが好きで、工作など1つのことに熱中する傾向があります。
またこれは個人差がありますが、偏食傾向があります。
自閉症の子供に多いとされていますが、毎日同じものを欲しがります。
たとえばご飯の時にジュースやふりかけを必ず用意しなければいけないなどです。
あまり厳しくしてしまうと、ご飯の時にストレスを感じることもあるので、無理に直さないようにすることがポイントです。
このように5歳児になっても他の子供との違いがはっきりと分かる部分があります。
しかし焦らず温かく見守るということが大切です。

スポンサーリンク