自閉症 知的障害 将来

自閉症、知的障害の子どもの将来のために

スポンサーリンク

自閉症や知的障害がある子どものよりよい将来のために、どのような教育を受けさせればよいか考える親は多いです。
ここでは、子どもの将来を見据えた学校選びについて言及していきます。
学校は公立学校と特別支援学校と2種類の選択肢があります。
それぞれの良い点、注意すべき点を説明していきます。
まず、公立学校の良い点についてです。
公立学校に通う最大のメリットは、一般の子ども達の中で社会生活ができることです。
さまざまな家庭の子ども達との社会生活に慣れておくというのは、将来的にも大きなメリットとなります。
次に、特別支援学校についてです。
特別支援学校に通う最大のメリットは、その子に合った支援を十分に受けられるということです。
教師は自閉症、知的障害の専門の勉強をしてきた先生達ですから、小さい頃からその子どもの特性に合った教育を受けられる可能性が高いです。
また、同じ障害を持つ親に出会える場という点でも、大きなメリットとなります。

スポンサーリンク

今度はそれぞれの学校の注意すべき点を説明していきます。
まず、公立学校の注意すべき点は、教師達が自閉症や知的障害の教育に詳しくない可能性があるということです。
すべての公立学校がそうではありませんが、その子にとって特別な支援が十分に受けられない可能性もあるということです。
公立学校を検討する際は、特別支援をしてくれる教師がいるのか、事前に確かめる必要があります。
次に、特別支援学校の注意すべき点は、卒業後です。
特別支援学校は1クラスの人数が10人前後、教師も1クラスに2、3人と手厚いところが多いです。
このように学校では十分な支援を受けられていても、卒業後の施設や就職先では、そこまで手厚い支援は受けられない可能性もあります。
特別支援学校を検討する際は、学校の支援体制が社会の当たり前だとは思わないことと、一般の社会生活にも慣れておく必要があります。
以上がそれぞれ公立学校、特別支援学校の良い点、注意すべき点です。
どちらが良い、悪いではなく、何を重点にするかが選ぶポイントになります。
大切なことは、子どものよりよい将来を見据えて、選択することです。

スポンサーリンク