妊娠 自閉症 いつわかる

妊娠中のお母さんは自閉症といつわかるのか

スポンサーリンク

初めて子供を授かった方や、二人目以降の子供を妊娠中の方が願うことは、まず無事に子供が生まれてくることです。
そのためにお母さんは、妊娠中毒症にならないよう様々な健康リスクに気を使っていなければならないので大変です。
妊娠中毒症はお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼします。
例えば、胎盤から赤ちゃんにうまく栄養がいきわたらないために発育が悪くなったり、通常よりも体重が少ない赤ちゃんが生まれたりする可能性が高くなります。
そのほか、お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼす要因として母体の活性酸素が増えることによって、発達障害や自閉症の子供が生まれる可能性が高くなります。
活性酸素は酸素が体内で変換されたもので、細菌やウィルスを退治するものの、細胞を傷つける作用があると言われています。
この活性酸素が原因で胎内の赤ちゃんの脳細胞が破壊されて発達障害または自閉症になるとの見方があります。
原因は喫煙が最も多く自閉症のリスクが通常の1、4倍になるという統計があります。

スポンサーリンク

また、活性酸素を大量に発生させる要因として飲酒やストレスがあり、活性酸素の処理がうまくいかなくなる高齢出産も原因のひとつとしてあります。
これから生まれるわが子の無事のために出産前の体調管理が重要です。
そして、いざ出産してから自閉症といつわかるのかは1歳から3歳までの間です。
妊娠中はいつわかるものではありません。
自閉症の疑いといつわかるのかは、子供の成長の様子をある程度見てからでないとわかりません。
具体的には1歳検診や1歳半検診のころに目を合わせない、言葉の発するのが通常よりも遅い、抱っこを嫌がるなどです。
そのほか同じものに固執することもありますし、あまり泣かないで静かに一人でいられるため手がかからないというのも特徴です。
こうした特徴が見受けられる場合は専門家に診てもらいます。
小児科や療育センターという専門機関で受診します。
自閉症の早期発見と早期治療は今後の子供の負担を減らすことにもつながります。

スポンサーリンク