自閉症 大人になったら 教育

自閉症児が大人になったら必要になる教育

スポンサーリンク

自閉症は、1000人に1人か2人の割合で発症するものです。
先天的な障害でもあるため、できるだけ大人になったらという事を考えて、小さい内から教育していくのも大事なポイントです。
見た目には、一般のこどもと違いなどはありませんが、耳で聞こえた事に対しては、それぞれに違った反応を示す事があります。
例えば特定の音声に対して過剰な反応をしたり、聞いている様で聞き流されていると周囲から感じられる様な場合もあります。
大人になったら、日常生活におけるある程度の内容は、自分でできる様になるという教育も大事になります。
朝起きたら洗顔する、食事をする、学校に行く、というプロセスに繋げる必要もあります。
自閉症のこどもの場合には、各所で始まりに時間が掛かる可能性もあります。
しかし、生活の一場面を教育する場合にも、耳などの聴覚を使うより、絵やカードなどの視覚に訴える内容を示すと、理解される事が多くあります。
ですので、できるだけ絵やカードなどを利用しながら、日常のルーティンを理解し、行動させる様に導く事も大事なポイントになります。

スポンサーリンク

自閉症の人の中には、ある特定の事に関して天才的な才能を発揮するケースも存在します。
大人になったら、自分である程度の生活ができる様になる事も目標になる事があります。
知的障害をもっている人も多いですが、特定の才能については、教育によって開花する可能性があります。
楽器に大きな興味を示したり、数字に対しての反応が速いという場合などもあります。
自閉症のこどもをもった家族の場合には、まずは自閉症に関する理解を深める事も今後の生活に大事なものとなります。
サークルに参加して知識や情報を集め、可能であれば、多くの経験をさせてあげる機会を与えるなども重要な働きになります。
大人になったら自活できるなどの形を家族は望む事もあります。
そのためには、将来的な可能性を広げるために、教育に時間を費やす事も必要になります。
始めの内は、一つの事を成し遂げるのにも長い時間を要したりする事もありますが、周囲が息の長いサポートをする事も大事なポイントになります。

スポンサーリンク