自閉症 知的障害 幼稚園

知的障害を伴う自閉症児の幼稚園入園

スポンサーリンク

幼い頃から言葉を喋るのが遅かったり、少し周りの子供と違うのは個性でそのうち馴れて他の子供と違いはなくなると思われている親御さんはおられると思います。
いざ幼稚園に入園する年齢が近ずき、まだうまくしゃべれない、周囲の子供と遊ばない又は関心がないなど心配する症状が見られ病院に行き診断してもらったところ、知的障害を伴う自閉症と診断がくだされたご両親のショックは計り知れないと思います。
医師からは専門の養護施設を紹介されると思います。
あくまで知的障害と自閉症の度合いによると思いますが幼稚園側からは公的、私立ともに入園を断られることが多いと思います。
受け入れてくれるには親として一緒に付き添うから、迷惑はかけませんからと伝えてもなかなか認めて貰う事は難しいと思います。
経験豊富な専門の養護施設を選ぶ事も知的障害を伴う自閉症を持つお子さんにはいいかも知れません。
同じ境遇のお子さんと一緒にいる事は苦痛ではないケースが多いと言われています。
通常幼稚園か養護施設を選ぶかは親御さんの選択になりますのが、お子さんが楽しく過ごせることが一番大事なポイントです。

スポンサーリンク

では、治療方法はないのか考えてみましょう。
一概に自閉症と言っても様々な原因があり、脳障害であったり、自律神経機能障害であったり、それに障害の重さもかなり個人差があるので一人一人の治療方法も違うと思います。
障害の重さは個人差がありますが出来る事から始めるのは同じなので親御さんが根気よくあきらめずに、何よりイライラせずに粘り強く一つ一つ一緒に歩んでいくのが大切です。
決して焦らず親御さんだけでは無く専門の医師、職員、協力して戴いている全ての人がいるんだと思うことこそが大事になります。
軽度な知的障害なら条件付きですが将来働ける職場も見つかるかもしれません。
一番の治療方法は多くの人からの愛情かもしれません。
本人は自分が知的障害でも自閉症の事も知らないと思います。
本人が楽しく過ごせるのが何よりで、長い長い闘いに親御さんはなると思いますが勿論、個人差はありますので一人立ちするのを楽しみに、親御さんは一緒に歩んで行く姿勢が大切です。

スポンサーリンク